ここでは、PGブラとふんわりルームブラの比較をしています。

 

  • 特徴や効果はどうなの?
  • サイズ展開はどう?
  • デザインの違いは?
  • 値段を比較してどう?
  • 素材の違いは?

 

など、気になっている方の参考にしていただけると幸いです。

 

 

PGブラとふんわりルームブラの特徴は?どんな効果がある?

PGブラ ふんわりルームブラ
ワイヤー ソフトワイヤー

バストのお肉を集めて逃がさない
柔らかいので快適なサポート感

ノンワイヤー

バストを優しくしっかり支える

ベルト クロス構造

バストの広がりを防止
就寝時のズレにも対応

パワーネット

バストを中央に寄せ上げ

背中・脇肉 4段階アジャスター付き幅広ベルト、パワーネットで3段階の締付け調整

背中や脇のハミ肉を抑えてブラと身体の段差を軽減、

幅広パワーネット

幅広構造で背中・脇肉をしっかりバストに寄せ集める

肩紐 調整機能付きストラップ

カップの位置を調整し上向きをキープ

幅広

調整機能なし

 

PGブラは補正力やキープ力、ふんわりルームブラは優しいホールド感が特徴です。

 

 

 

PGブラとふんわりルームブラのサイズ展開は?

PGブラ ふんわりルームブラ
早見表

PGブラのサイズ早見表

ふんわりルームブラのサイズ早見表

種類 4種類

XS、S、M、Lサイズ

7種類

SS、S~M、M~L、L~LL、+S~M、+M~L、+L~LLサイズ

アンダー 60~83cm

4段階の調整ができる

60~85cm
カップ A~Gカップ

位置を調整ができる

AA~Gカップ
備考 サイドホックで締め付け調整ができる フロントホックで締め付け調整ができる

 

 

どちらもアンダーやカップの対応幅が多いため、痩せ型からぽっちゃり体型でも合わせられるサイズ展開です。

 

細かくいえば、貧乳はAAカップに対応しているふんわりルームブラで、胸が大きい方はGカップの対応幅が多いPGブラといった感じでしょうか。

 

サイズ展開は、ふんわりルームブラの方が多いですが、対応サイズはほぼ同じなので、展開数の少ないPGブラの方が選びやすいといえます。

 

また、アンダーとカップの調整が効くPGブラは、よりサイズをフィットさせやすいと思います。

 

まとめると、サイズ選びが簡単で微調整も効くのがPGブラといえるでしょう。

 

 

PGブラとふんわりルームブラのデザインはどう違う?

PGブラ ふんわりルームブラ
イメージ

PGブラのイメージ

ふんわりルームブラのイメージ

デザイン 肩紐からアンダーがレース使い カップからアンダーがレース使い

胸元にリボン付き

カラー 4種類

ブラック、ホワイト、ネイビー、ピンク

10種類

シフォンピンク、ミントグリーン、ブラック、ネイビー、アクアブルー、ホワイト、モカベージュ、ボルドー、ラベンダー、レモンイエロー

ショーツ お揃い有り お揃い有り
備考 サイドホックで締め付け調整ができる フロントホックで締め付け調整ができる

 

 

PGブラもふんわりルームブラも、レースのフルカップデザインですが、正面はPGブラの方が多くレースを使っています。

 

どちらも見せたくなるような可愛らしいデザインですが、大きな違いはカラー展開にあります。

 

PGブラは4色展開、ふんわりルームブラは10色展開です。

 

いろいろなカラーを楽しみたい人は、ふんわりルームブラをチョイスしてみましょう。

 

PGブラもふんわりルームブラも、お揃いのショーツが販売されているので、セット購入してみるのもおすすめです。

 

デザインはそれほど違いはなく、ふんわりルームブラの方が色の種類が多く展開されています。

 

 

 

PGブラとふんわりルームブラの値段を比較

PGブラ ふんわりルームブラ

<<ナイトブラのみ>>

単品購入(税込み) 5,940円 4,298円
2枚セット(税込み) 10,800円 8,166円
3枚セット(税込み) 15,120円 11,605円
4枚セット(税込み) 19,440円 -
最安値(税込み) 4,860円 3,868円
送料 700円

2枚以上で無料

648円

2枚以上で無料

<<ショーツ+ブラセット>>

単品購入(税込み) 9,180円 6,977円
2枚セット(税込み) 17,280円 13,256円
3枚セット(税込み) 24,840円 18,837円
4枚セット(税込み) 32,400円 -
最安値(税込み) 8,100円 6,279円
送料 無料 無料

 

 

どちらもセット購入で枚数が多いほど割引になりますが、値段が安いのはふんわりルームブラとなります。

 

 

PGブラとふんわりルームブラの素材の違いは?

PGブラ ふんわりルームブラ
材質 ナイロン、ポリウレタン、その他 本体生地・ベルト部表生地

ナイロン70%、ポリウレタン30%
レース部・ベルト部パワーネット
ナイロン92%、ポリウレタン8%
胸部裏地
綿100%
ベルト部裏生地
ナイロン83%、ポリウレタン17%

洗濯 洗濯機は使用できない、手洗い推奨 洗濯機は使用できない、手洗い推奨
備考 - 本体生地にゲルマニウム、チタン、銀を配合

 

 

素材はどちらもナイロン、ポリウレタンを主に使っていますが、ふんわりルームブラはバストに触れる部分が綿100%の肌に優しい天然素材でできています。

 

更にふんわりルームブラには、めぐりや代謝サポート・ニオイ対策できる成分を配合しているのが特徴です。

 

上記から着心地がいいのは、ふんわりルームブラだと思います。

 

 

PGブラとふんわりルームブラの比較まとめ

まとめ PGブラ ふんわりルームブラ
特徴・効果 補正力やキープ力がある 優しくホールドする
サイズ 痩せ型、普通体型、ぽっちゃり向け

アンダー・カップ共に調整できる

より貧乳向け
デザイン レース使い、ショーツ有り レース使い、カラーが豊富、ショーツ有り
値段 枚数ごとに安くなる 複数枚が格安、1枚あたりが最安値
素材 - 優しい天然素材、めぐりや代謝サポート、ニオイ対策

 

大きな違いとして、

  1. PGブラ
    補正やキープ力、サイズを合わせやすい
  2. ふんわりルームブラ
    優しさ、付け心地、貧乳、値段

といった感じです。

 

比較してみて、デザインは似ているようでも機能には大きな違いがあることがわかりました。

 

あなたの使用する用途に合わせて、好みの方を選んでみてください。